2018年6月12日火曜日

ワークショップからの~打ち上げ会




大雨予想の中
日頃の行いが良かったのか☀晴天!

              いつものメンバーだけでなく

                 東京からも助っ人

                怪しいいで立ちですが

                 黙々と作業が進み

                夕方には無事に終了




               さて、お待ちかねの宴会♪♪

スペインからのお客さまも交えて
       夜遅くまで芸術文化論が盛り上がったのでした~~(^0^)





2018年6月11日月曜日

参宮橋オマージュ  終了いたしました



~毛綱モン太から毛綱毅曠へ~

記憶の底から呼び起こしたモンちゃんは
最初こんな風貌でした

         やんちゃだけど繊細なお兄ちゃん、というイメージでした


           東京で所員になって唯一担当したのが永正寺

              たしか上北沢の住宅街の真ん中

            施主はとても優しそうな小柄な庵主さま

              でも、竣工後に1度会っただけ

             この手摺でモンちゃんともめにもめた

どうして施主と会わせてもらえなかったのか
今なら解る気がする


           手紙のやり取りも、お互いに引っ越し続きで
               いつしか途絶えてしまった


              もう40年も前の事だったのに
                 不思議なご縁で
         昨年毛綱さんを卒論に選ばれた学生さんと知り合い
               念願の毛綱展となりました
皆さま本当にありがとうございました






2018年6月2日土曜日

哲学の道 ナウ



いよいよ梅雨が始まりそうな京都地方

我が家にはヤマアジサイが5株あります
今、本当に美しく咲いています❣




               名前があったはずなのですが
                 もうわかりません


               


               甘茶が混じっているかも?


       ご近所のお寺には120株のヤマアジサイがあるんですって!!
ぜひ拝見したいものです



             さて、こちらもご近所のお玄関先のグミ

おいしそうですぅ~(^0^)

                 
                     毛綱展開催中です

     

2018年5月26日土曜日

参宮橋オマージュ  始まりました



五月晴れの「輝緑の宝箱展」盛況に終了いたしました
6人の作家さんによるコラボレーションがとても楽しい作品展でした
お越し下さったお客さま、ありがとうございました

6月22日からは「深緑の宝箱」で新たな作家さんのコラボレーションを
ご期待下さいませ!



今週はPCの不調によりブログの更新ができませんでした

参宮橋オマージュ~毛綱モン太から毛綱毅曠へ~
始まりました!



         昨年、偶然にも 2014ヴェネチア・ビエンナーレ日本館で
         毛綱毅曠の発表をされた美術館の学芸員の方と出会い、
        卒業論文のために研究中の早稲田の学生さんを紹介いただきました

            とんとん拍子で釧路ツアーの話がまとまり、
     毛綱さんが神戸大学助手の時の学生だったギャラリーの設計者とご友人、
           私と学生さん計4名で訪問してきました


毛綱さんは一言では言い表せない建築家で、
両極端の評価があるようです
作品はもとより著書も多いのですが、
理解することはとても困難です


40年ぶりに毛綱さんと向き合って、
建築を通して森羅万象を感じ
ひたむきに建築に突き進む稀有な建築家だった、
と再認識いたしました


              私が唯一担当した 永正寺

なぜかほっこりする アイヌ民族博物

         
                 読書コーナー

毛綱ルーム(?)




2018年5月13日日曜日

輝緑の宝箱 続き




台湾の日本画家 方 志偉さん


         日本人の日本画家とはどこか違う感性をお持ちです

        これは日本のことわざ「百聞は一見に如かず」を題材に

          リアルな蚊が格調高く100匹描かれています!


             方さんの日本画のメインテーマは猿

          猿には研究を重ねて、深い思い入れをお持ちです

蝶もお好きな題材の一つ
            ぜひ実際に素晴らしい絵をご覧ください



                                    続く

2018年5月11日金曜日

 輝緑(きみどり)の宝箱  始まりました


梶原妙子陶展 たくさんのお客さまがお越しくださいました。
本当にありがとうございました。



澄んだ空気と青空 ザ・五月晴れ♪

               本当に緑が輝いています❣




             まずは今倉裕恵さんの銅版画
               生命の息遣いが感じられます

              木々を抜ける風の音や流れる雲

               どこまでも高く広がる空

           まだ明けきらない早朝にひっそりと咲く花たち…
一番ステキな季節




心惹かれる金属は 錫
           金属なのに温かく、柔らかく、優しい 錫
            そしてキュートな 伴哲生さんの 錫


                               続く
                               

2018年5月4日金曜日

梶原妙子陶展  続きの続き





         作風はおおらかですが、女性らしい可愛らしい豆皿ズ

       茶色の土と黒い土を二枚はぎあわせてあり、独特の味わいがあります

                   斑釉の片口

                熱燗が美味しそう!

               粉打の蓋物は一枚仕立てです

           お料理屋さんのようなおしゃれなプレート

             このぐるぐるが海外の方に人気です!

           お願いして抹茶茶碗も作っていただきました

少し小ぶりな茶碗もあります