2021年5月4日火曜日

   かける人形展 ~続き~




まだあどけない少年と町娘


1つ1つの衣装や髪型まで

きちんと時代考証して


創られています

全てになんとも言えぬ存在感があります



                   そして、
                私のリクエストにより
            八瀬の赦免地踊りの人形が到着しました❕

             女性の装束を身にまとった少年が
            大きな切り絵の灯篭を頭の上に掲げて

          八瀬神社まで厳かに奉納の行列をする行事です

            夜のとばりの中、静かに厳かに。。。
         (人形の灯篭はランプが付くようになっています)



2021年4月29日木曜日

 かける人形展~人形横町2021~ 始まりました

ワイルドシルク展の最中に緊急事態宣言が発令され
どうなる事かと心配しましたが、
元々三蜜にはならないギャラリーなので
程よい賑わいで無事に終了致しました

作品展・お話会にお越しいただきありがとうございました


雨の中スタートしたゴールデンウイークは
待望の「かける人形展」です

素晴らしい風神雷神が到着❕

夢のように美しい風神と

美しくも凛々しい雷神


                「鳥枢沙魔明王」

            この世のあらゆる不浄を焼き尽くし

清浄に転じる炎の神
ああ、なんて、かっこいい。。。❣


              こちらは愛くるしい「ひよたん」

実はボディは瓢箪で出来ています

桃太郎も幼児のよう

一つ一つの動作に

クスッとします

            似ている子がたくさん思い浮かびますね



            慈悲深く優美な水分神(みくまりのかみ)

流水の分配をつかさどる神
また平安時代から”みこもり”となまり、
子授け安産の産育信仰もうまれた


西王母

中国の道教における最上位の女神
食べれば長生不老を得られるという桃を有する


うずくまる

花入れに転用された壺
元来、穀物の種入れなどにつかわれた雑器


ご存じ、エビス神

オルス・京に到着してから大物を釣り上げた!


                 あさり猫たち
いつかワークショップで作り方を教えて頂きたい

              


特別ゲスト「剣の護法童子」


当病平癒・無病息災・病気全快の霊験あらたかな神として
人々に篤く信仰される
今回はコロナウィルス退散のために召喚

(バックボード 唐長さんの雲竜法輪唐紙)







2021年4月19日月曜日

  ワイルドシルク作品展 2021 始まりました




新緑に映えるワイルドシルクがたくさん揃いました

           今年は日本茜を育てている方とのコラボ作品も!


カラフルな繭が可愛いですね

琉球藍染も素晴らしい色です

こちらは沖縄の泥染め作品

有害な紫外線からお肌を守る帽子や

直接肌に触れるパジャマや靴下・手袋

気持ちの良い睡眠へ誘うシーツと枕は

本当におすすめです

         ハーブで染めるとこんなに綺麗な色が出るのですね❣

          絹の奥深いお話会にもぜひお越しくださいませ


 

2021年4月1日木曜日

 松崎勝美 石彫 × 伊砂幸正 型絵染 展 始まりました



哲学の道の🌸桜は
例年なら順番に咲くのですが
今年はソメイヨシノとオオシマ桜が同時に咲き、
もうシダレザクラまで咲きだしました!

            哲学の道はまるで🌸の雲海のようです

            ギャラリーの中は静かな時間が流れて

               温かい気持ちになります  

 

                大変な状況の中で

        心が癒される時間を持てる事が大切ではないでしょうか

            早くいつもの日々が戻って欲しいとの

            人々の願いがどうか届きますように。。。
 


2021年3月25日木曜日

 ~新谷訓一 ファブリック・ナカノ 二人展~始まりました



今年の🌸桜の開花はなんと早いことか❕
ギャラリーをオープンして最速

緊急事態宣言の解除とお花見シーズンが重なって
哲学の道も賑わっています


春一番の作品展が始まりました
胴着(剣道や柔道)の生地でバッグ!

              丈夫で洗濯もできる木綿生地

             でも、帆布とはちょっと違って

                とてもオシャレです❣


            新谷さんは二度目の白蛇(海蛇)革作品

見るたび、触れるたびに
あまりにも軽くて薄くて美しい革に驚きます
蛇というとちょっと怖いように思いますが
害をなしているのはむしろ人間の方

たくさんの動物の革作品がありますが
古くから日本文化に馴染んでいる革なのです
偏見をすてて、ぜひご覧になってください


                さて、哲学の道の桜は

                 もう見ごろ❣




              朝夕はひっそりとしています